2018/11/12 タイミング法

高温期11日目

寒がっている女性と暖かがっている女性が並んだイラストの画像

こんにちは、ぽんです♡♡


いつもなら、フライング検査をしている高温期11日目ですが、

今回はしていません!!


なんていったって、体温がガクガク下がっています!笑

今回もダメだったかと諦め気味です(/・ω・)/


週末の体温を見て、少しでも期待出来れば、

早期妊娠検査薬で検査してみたいと思います(*´▽`*)



そんな今日は家の近くのタイ古式マッサージにいってみました!!


タイ古式は初めてでしたが、指圧のマッサージに加え、

ストレッチをして体を動かしながら施術をしてくれました。


とっても気持ちよく、体もスッキリして癒されました♡

タイ古式 普通のマッサージで物足りない方はぜひやってみてください!


そして、その時マッサージで使ってくれたハーブパックを

とても気に入り、販売していたので購入しちゃいました(*’ω’*)


ハーブパック、初めて使用したのですが、

布の中にハーブが入っていて、電子レンジであたためて体に乗せる

ゆたんぽのようなものです!


早速、家に帰ってから子宮の上に乗せて、ねむりました♡


「ハーブパック」と調べると手作りも出てきますし、

ネットショップでも売っていましたので、是非気になる方は調べてみてください♡


高温期は特に温活を意識してます♡


高温期の過ごし方で意識することは一番に受精卵が着床しやすいように身体をあたためておくこと!

そもそも、受精卵が着床しやすい状態とは子宮内膜が厚く、温かい状態です!

子宮内膜を厚くする為にするべきことを調べましたが、


冷え対策・ストレスを溜めない・規則正しい生活


この3つが一番出てきました。いたってシンプルな結果です。笑


子宮内膜を温かく厚くするためには

冷え対策がとても効果的なことがわかってからは意識して取り組んでいます。


よくパイナップルを食べると子宮内膜がフカフカになるというお話を耳にしますが、

ある雑誌で見ると、それは嘘!と書いてありました。

パイナップルの成分はお肉をやわらかくする効果がありますが、

子宮内膜はフカフカにはなりません。とのことー。


何が本当で何が嘘か難しいですね・・・


ハーブパックや腹巻、お風呂などで外から身体を温めたる以外にも

中から身体をあたためる効果のあるものがあります!


身体をあたためる食材とは、根菜類(ゴボウ・人参)・タンパク質が多く含まれているもの(肉・魚)があります!

他にはおしるこなどで使う小豆もいいみたいです(*^▽^*)

あと、生姜も有名ですよね!。


これからの季節や高温期にピッタリな体を温めるということ

皆さんも積極的に取り組みましょう^^♡

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。