2018/11/10 その他

【2】中医学のお世話になる。

女性の足首からつま先の写真の画像

前回の【1】より、時系列で続く中医学体験の記事です。


問診、触診について、足湯と経路トリートメントをして頂きました。

体に無数にある経絡(ツボ)と経絡を線で結んだのが経路です。

とても簡単に言うと、内臓の反射区のツボを経路に沿って刺激していきます。


林先生いわく、「マッサージだと思ってくる方が多い」とのことでしたが、、、

それもそのはず、そこいらのマッサージ屋さんよりずっと丁寧で、気持ちよくて、時間をかけて下さるのです!


香港にはローカルの足つぼマッサージ店がたくさんありますが

英語が全く通じず、無造作に足を分投げられるくらいはよくあることなので(´∇`)

治療の一部とはいえ、通いたくなってしまう方の持ちが理解できます。。


日本で鍼灸治療を受けた際も

足の甲だけすごく痛かったのですが

今回も例に漏れず。

冷えがある方は痛がりますね、とのこと。

オイルを足しながら両足30分程トリートメントをして頂きました。


右足、左足で歪みの状態が違いますね、とか

左足の方が冷えやすいですね、とか

ここが三陰交ですと言われた場所がとんでもなく痛かったりとか(子宮や月経にまつわるツボだそうです)

自分では到底気がつけない情報をたくさん得ることができました。



林先生は、これまでの治療を経て

「腎の働きが生まれつき弱い」との診断をされました。

面白いのが中医学における「腎」とは腎臓だけではなくて

生殖器、ホルモン、中枢神経、造血など、生命エネルギーに関わる機能だと考えられているそうです。

帰宅後に自分で調べたところ

耳の不調も腎に関わっているそうで、、、

思い当たる節があるというか、もう正にご名答といった感じでした。

私の元気が続かない、体力がないのは

単純の筋力とか性格だけのものじゃなかったのかなあ、と。

もちろん日々の運動や食事で鍛練はできるのでしょうけど

持って生れたて体質に合わない健康法は

効果が出にくいですよね。


「生まれつき生殖にまつわる機能が高くないよ。」

妊活に励んでいる方には厳しいお言葉だと思います。

でも、私はすこし安心したのです。

何で生理が来ないのだろう、日々の生活の何が悪いのだろう、どこを治せばいいのだろう、、、

そう悶々と考えこむより

「生理が順調にきにくい体質だから仕方がない、できることをしていこう。」の方が私は楽です。

マイナススタートの方が加点法で明るく過ごせる、というか。そんな感じです。


次回に続きます♪

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます