2018/10/25 その他

お友達の妊娠、出産♪

横向きの赤ちゃんの写真の画像

現在私は29才なのですが、第一次(?)妊娠、出産ブームが起きています♪

先日は中学時代の友人のひとりが出産、もうひとり同じクラスだった友人の妊娠も発覚し

順調にいくと二人の子供同士も同級生♪

二人が子供を連れて、一緒に入学式とか卒業式に参加するのを想像(妄想ともいう)して

にやーり。うふふ。大きくなった姿は完全に私好みに想像していますが

あーーー可愛い(*^^*)他人事なのにきゅんとします。


妊活をしている、子供が欲しいと思っていると

他人の妊娠、出産が素直に喜べないという方もいらっしゃると思います。

仲がよい友人だと尚更なのかな?

私の場合は、全くありません(≡^∇^≡)


心の底からいとおしそうな微笑みをたずさえて

子供をあやしたり授乳したりしているところをみていると

「いいな、わたしもいつかこうなりたいな!」と感じて

希望というか、行くべき道を明るく照らしてもらったような心境になります。

それは私のメンタルが強いからでも、他人と自分を比べないからでもなく

(むしろ影響は受けやすい方です、、、)

ずばり、妊活に対する努力が少ないから。です。

服薬のみで本格的な治療をしている訳ではないですし

病院を何軒も探して受診したり、金銭面で負担を感じる程

一生懸命妊活をしていません。


他人の出産や妊娠を手放しで喜べない方は

本当にほんとーーーに、真剣に努力を重ねているお方だと思います。

皆様のブログを拝見し、飾らない心境を語っていらっしゃると

私はこんなに頑張れるだろうか、多分無理だなと、、、

育児やお仕事と妊活を同時進行でされている方には、尊敬の念を抱きます。


体の負担になる治療を受けることも、もちろん努力です。

それに加えて、色々記録したり、諸々調整したり、所々計画したり

旦那さんと相談したり、家族に説明したり、、、そういうのも立派な努力ですよね。

むしろ必要不可欠な努力。

体や性に関わる繊細なことなのに、何故か外野からありがたいご意見(笑)を頂戴することもあるし、それに耐えるのも努力です。

だから、素直におめでとう!と祝福できなくなったら、頑張りすぎている傾向なのかなあと思います。

妊娠、出産という、家族が増える素晴らしいイベントなのに

その過程で感情が疲弊してしまうのは、なんだか悲しく感じます。

近い将来、私が1日での早く妊娠したい、できることは何でもするモードになった時

この文章を見て自分で息抜きができるように

記録させて頂きます。

妊活は命を繋ぐ、尊い行為なのだという意識を持って

穏やかに取り組んでいきたいと思います。

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。