2018/08/8 その他

妊活と仕事と。

白人の女の子が床に座って頬杖をついている写真の画像

こんにちは!また、台風が近づいているようですね。

日照り続きで水不足が心配なので、災害が起きない程度の

恵みの雨になってくれるとよいのですが。。


もうすぐお盆、夏休みですね。

皆様しっかりお休みをとれるのでしょうか?

少しでも、心と体が癒される休暇になりますように。

私はというと、一年半程専業主婦をしていたのですが

先月からアルバイトを始めました。

多くても週2、3回の勤務なので、責任も有りすぎず(^^)

働くとやっぱり毎日にメリハリが生まれるなあと実感しております。


しかし、しかしです。

現時点で弊害が二つありまして、、、

ひとつは、言わずもがな、働き始めて体力を使っているので

夜、一秒でも早く眠りたい。

旦那さんも疲れている日が多いので、二人してお休み三秒の毎日です。

あれ?私、妊活中だっけ?って感じです笑


二つ目は、職場の先輩に

「質問攻め型コミュニケーションおばさま」

がいらっしゃることです(^^)

大変控えめに申し上げて

「質問攻め型コミュニケーションおばさま」なので

端的に表現すれば

「知りたがりお節介おばさま」です。。。


「いくつ?」「結婚されてるの?」「結婚何年目?」

「お子さんは?まだ?あらー作らないの?いらないの?」

「お住まいはどちら?」「旦那さまは年上?」

「あらー旦那さんその年なら子ども急がなくちゃ~」

「子ども嫌いなの?かわいいわよ~うちの子はね~(以降エンドレスぺちゃくちゃ)」


悪気もなければ遠慮もない( ^∀^)

悪意がない分、止めて欲しいとも言えません。

なるべくお相手の興味を引かないよう

曖昧~に、とりあえず~な感じで、笑って相づちを打っています。


赤の他人ですから受け流せますが、これが親戚だったり

ましてや同居のお姑さんや義姉妹だったら、、、

考えただけでぶるっとしてしまいます。

幸いなことに、私の親戚、主人の親戚ともに

露骨な子ども子ども攻撃はしないでくれるタイプなので

(内心どう思っているかは、存じませんが。笑)

恵まれているなあと感じます。


多分、50代~70代くらいの人生の先輩方は

「結婚=子ども=子育て」が一直線に繋がっている方が多く

そういう類いの話題や質問が踏み込みすぎているなんて価値観は

毛頭ないのだと思います。

失礼でもないし、詮索したい訳でもないし

お天気の話くらいの、ごく自然なことと思っておられる気がします。

妊活を頑張っている時ほど、質問攻めにされると辛いものですが

「結婚、妊娠、子育てが一直線にに結ばれていた時代もあったんだ~。」

くらいに受け止めると

お互いの為になるのかなあと感じます。


考え方が固まってしまうと意固地になるので

「別角度からのツッコミありがとう!」というスタンスで

お仕事も、人付き合いも、妊活も

頑張っていこうと思います♪

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。