2018/08/2 その他

食べなくちゃ、でも。。。

唐揚げの画像

夏バテ予防は食べ物から!

体質改善は食べ物から!

私の今年の目標である「産める体作り」は食べ物から!!


分かってはいるのです。はい。

大好きなコピーライター故岩崎俊一氏が残した

「やがて、いのちにかわるもの」という金言は

疑いようのないもの。

食べ物がその人の肉となり、血となり

未来を作っていくのだと思います。


でも世の女性は、カロリーやら糖質やら

脂質やら添加物やら

意識してしまう方々が大半かと思われます。


私も完璧に囚われる側の人間ですm(_ _)m

痩せていることを絶対視してしまいます。

むしろ、他人からすれば病的に映るような偏食癖があるので(笑)

摂食(食べること)に困難を抱えている範疇に入るのかもしれません。


食べ物や栄養について自分なりに調べたり考えたりした結果

「◯◯を食べるといい、わるい」

「◯◯は◯◯の効果があるから食べる、食べない」

という判断で食事をするのは、避けたいな~と思うに至っております。


あんまりすきじゃない物を、何かの効能を期待して無理に食べたり

筋金入りのパン党なのに、糖質意識で玄米ばっかり食べたり

そういう日常の小さな我慢って、莫大なストレスを蓄積すると感じます。

毎日のことですものね。


体重を落としたくてカロリー制限するとか、短期的で効果が目に見えて分かるなら

かえって励みになりますよね。

でも体質改善は長いスパンで取り組むものだし

小さい我慢を何重にも重ねていった先にあるものは

心躍らない、ただ栄養源としての味気ない食事になってしまうと思います。


食べたい、と思ったものは、体が欲しているものだと判断して

何でも食べます。なるべくなら朝、昼、夕に。

夜は翌日の体調に直結するので、あまり食べないようにしています。

そして食べたいものがないときは、食べません。


女性って、何故いつも痩せたいのでしょうね。

結婚して環境が変わり、169センチ46キロくらいまで激痩せした時期があったのですが

生理は止まり、肌も爪もガサガサに。

女性ホルモンと痩せが、いかに深く関わっているか実感しました。

モデルさんや女優さんがご無事に妊娠、出産されているニュースを見ると

ほとほと体の作りが一般人とは違うのだなあ~と関心します。

有識者のサポートや、ご本人の苦労や努力がおありのことと思います。


30の声が聞こえそうな今日この頃、ティーンエイジャーみたいに

痩せたい痩せたいばっかり言っているのは奇妙だなと

やっと自然に受け入れられました。

長年の癖でカロリー計算しちゃうときもありますが(・・;)


理想は、感謝する食事、笑顔を生む食事。

何を食べるか、だけではなく

何を(誰と)(どこで)(どんな風に)食べるかを意識して

産める体作りを続行していこうと思います。

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。