2018/11/8 その他

温活~よもぎ温座パッド~

よもぎ温座パッドの外箱と内容物の写真

流産してから、とにかく身体を温めようと調べまくりました(笑)

体温が高くないと、というか子宮が温かくないと妊娠は継続できないんです。

子宮の温度なんて知らないよ~そもそも自分の平熱だって知らないのに・・・と思いましたが、とにかく温めることが大事なんですね。

起床直後の基礎体温は把握していても、普段の日中の体温(脇の下で測るやつ)なんて測ったことがありませんでした。体温計を使うのは熱を出したときくらいなので。

なので、普段の体温はどれくらいなんだろうと思って測ってみました。子供のころはたしか36.4℃くらいだった気がするな~なんて思いながら体温計がなるのを待っていました。


ピピピ ピピピ ピピピ


表示を見てびっくり。35.8℃。

え、私36℃ないの??!

ちまたでは体温を一度上げるとなんとか、とか、平熱を37℃にとかなんとか言っているのに。

え?

信じられずに何度か測っても、35.6℃とか35.9℃とかなんです。(多少の誤差はあるんですね笑)


そうか~これは本格的に温活しなきゃだなぁ~。


というわけで、温活を始めました。

そのうちの一つがこれ。よもぎ温座パッド。

色々なメーカーで同じようなよもぎ温座パッドを売っているけど、安かろう悪かろうでは困ります。かぶれたりやけどしたりしたら困るので。色々検討した結果、グラフィコさんの温座パッドに決めました。使っている方もたくさんいらっしゃるかもしれません。


生理の時に使うナプキン(薄いタイプ)のようなパッドの裏側に小さいホッカイロを貼り付けて下着につけます。もちろん生理用のナプキンではなく、よもぎ・ハッカ・ドクダミの成分が織り込まれている温活専用のパッドです。ホッカイロもただの小さいホッカイロではなく、トルマリンパウダーを配合した専用の発熱体です。

使ってみると、なんとも温かくて気持ちがいいのです~ちょっと天気がいい時は暑いくらい。寒い時は必須なんじゃないかってくらいあるとないとでは大違いですね。


妊活にどれだけ影響があるかは分からないけど、気持ちがいいからせめて今年の冬の間くらいは続けてみようと思います。

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます