2018/08/13 その他

妊娠出産した人への嫉妬に、どう立ち向かうか

英語の新聞紙の上に花が乗っている画像

「生まれました」「うちの子可愛い」にうんざり

昨日、友達Aが出産直後にLINEで赤ちゃんの写真とともに、出産報告をくれました。

前に「ウチは妊活これから頑張るねん~」ってそれとなくAに伝えていたのに、出産報告を送られてイヤ~な気持ちに。

友達に対して「ちょっとは気を遣えよな~。出産報告なんてSNSだけでええやん」って思うのが正直な気持ちでした。

素直に心から「おめでとう」って言えない自分に対しても、嫌な気持ちになります(ちゃんと「おめでとう」の返事は送りましたけどね)。

「あかんあかん」と思っていても、嫌な自分が後から後から出てくる。

他にも、インスタで子どもの写真ばかりあげている同級生や後輩にうんざりしている自分がいる。「はいはい、みんな脳内お花畑だね」って。ひどすぎますよね(笑)

「おめでとう」って言える友達

でも、もう一人の友達Bが半年くらい前に出産した時は、こんな嫌な自分じゃなかったんです。

心の底から「良かったね~!おめでとう!赤ちゃん可愛すぎる!」って思えたし、そのままの気持ちをメッセージで伝えることもできた。

他にも、すでに小学生の子どもがいる友達の写真見ても、普通に「可愛い」とか「温かい家庭でいいね^^」て、素直になれる。

Aたちとえらい違い。


Aたちに対する気持ち(嫉妬心)とBたちに対する気持ち(素直になれる)、何が違うんだろう?って思った。

昨晩、よくよく考えていたら妊娠出産は関係なくて、もともと、AやBに対してどう思っているか、だった。

Aに対して、Bに対して

Aとは14年くらい前からの付き合い。

Aはしっかり者で頼れるところもある。でも、昔からのろけ話と自慢話が多く、最近でいう「マウンティング女子」である。と、私は感じている。

Aの「マウンティング」のイメージが強いまま10年以上経過してしまっている。

だから、結婚にしろ、出産にしろ、Aからの報告が鼻についてしまいます。


一方Bは、私が看護学生時代のときに(中退しましたが)、同じ実習グループで一緒に頑張った仲間でした。戦友、と私は呼んでいます。一番しんどかった時、Bは話を聴いてくれて、一緒に涙を流してくれて。信頼関係ができている、ということなんでしょうね。

B以外でも、素直になれる友達に対しては、信頼関係があったり、良い印象があったりします。

信頼関係と自分の思い込み

マウンティング女子のAのことは嫌いではありません。一緒にいると面白い話で盛り上がるし、ともに青春を過ごした仲なので、「友達」ではあります。

なのに「嫉妬」しちゃうのは、わたしが勝手に「自慢してやがる」と思ってしまうからなんですよね。A以外の嫉妬の対象になっている人に対しても、私の思い込みで嫌な気持ちになってしまいます。

友達にも子どもにも、罪はないのに。


自分には、自慢とかマウンティングに苦手意識があって、信頼関係ができていない人に対しては、勝手に自分で「あいつは自慢してる」フィルターをかけてしまう。これが「嫉妬」「素直になれない」原因だということが分かりました。


あぁ、思い込みって怖い。自分のこういう性格で、知らないうちにたくさん人間関係を壊してきたかも…。直さないと自分が幸せになれないね。

今日、この日記を書いてスッキリした!モヤモヤドロドロがとれた!

あとでAに改めてメッセージを送っておこうと思います。

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。