2019/01/7 その他

妊活している人の年始あるある

フォークからじゃがいもを食べさせてもらっているデグーの写真の画像

1月1日。

子どもの時からポストを見るのが楽しみでした。

年賀状誰から来たかな?どんな年賀状だろう?なんてドキドキワクワクしていました。

ポストも朝、昼、夕何回も見に行った記憶があります。

もちろん、5日位までずっと。


いつからでしょう。年賀状が嫌いになったのは。

ネット社会になり、年賀状を書くのがおっくうになり、一言のコメントすら思い浮かばない。

社会人になったら結婚の写真入り、子どもの写真入りが年々増え、見る度に取り残されている気分になり、いつの日か自分にとっておめでたい物ではなくなっていました。



今年も2人目、3人目が生まれました年賀もあれば、親友2人はそろって家族が増えました年賀。


はい、私はイラストとちょこっと直筆コメントだけですが何か? みたいな。


なんだかなぁ。羨ましいとか思わないようにしようと思っても、こういうのを見てしまうと、ねぇ・・・。いいなぁって。

流産してなかったら家族3人の写真付き年賀状送れていたのかな。

いつになったら送れるのだろう。

来年というか、今年の末に作成する時にはベビちゃんいて欲しい!!!!!!




さて新年はというと、元日と2日は毎年お互いの実家に顔を出す日でした。


元日は私の実家でした。

手づくりローストビーフを持って行きました!

弟家族も来てくれて、成長した甥っ子2人にも会えました。

私の旦那にも懐いてくれていて、良いおじさんっぷりを発揮してくれました。良いパパになるだろうなぁって思いながら、なかなかパパにさせてあげられなくてごめん…。とずっと心の中で思っていました。

甥っ子とはプラレールしたり、公園でサッカーをしたり・・・。子どもを見ると辛い事ばかりなのに、自分の甥っ子はそういう気持ちには一切ならない。不思議な物です。


2日は旦那の実家へ。

まぁ、毎年緊張します。何度行っても気を遣います。

特に、旦那の方は無口でお酒も飲まない家庭なので、時間が経つのが遅いのです。

ただ、今回はデグを連れて行きました。私もこの子がいれば気がまぎれるし、話のネタにもなると思って。


そのおかげか、その日はデグの話に持ち切り。弟さん家族、甥っ子も来ていて、デグに興味津々でした。お義父さんお義母さんも。


私自身も弟さん家族や甥っ子を見ると居たたまれないことが多かったのですが、今回はデグと触れ合ったりデグを交えて会話出来て、心身ともに疲れることはありませんでした。




デグありがとう!!繋いでくれて感謝だよ。




SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。