2018/11/2 その他

入院記録・2~OHSSはかなり辛い~

病室の天井と点滴が写った写真の画像

 こんにちは。いつもご覧くださりありがとうございます。前回の入院記録の続きです。

入院5日目

 この日は、職場の上司が来てくれました。夜は主人が荷物を引き取りに来てくれたので助かった♪上司に仕事の現状を聞いたり、自分の状況を話したりしてとりあえず退院しても10月いっぱいは休ませて欲しいとお願いしておきました。病状はピークを過ぎたけれど、息苦しさが残るので、上司や主人と喋るたびに苦しさを感じていました。普通に呼吸できているってすごいことなんだな…。この日の朝、普通に目が覚めたときに「あぁ、私朝を迎えられたのね、もう子どもとか妊娠とかどうでもいいかも。生きていればなんとかなるのかも。」って心底思いました。やっと飲める量、トイレの量どちらも改善が見られ始めました。ただ、まだ点滴が外せず、シャワーは点滴と共に浴びるっていう一生に一度しか経験しないようなことをしました。

入院6日目

 お腹が空いて目が覚める、そして全部食べられた!!お腹は張っているけれど、持ってきた本やゲーム、母親がくれたナンプレをやっていました。トイレの回数も増えて、ゆるやかに頂上から下っている感じがしました。腹囲は相変わらずメタボ状態だけど、ご飯が食べられる!息苦しさも少ない!暇だなぁって思える余裕が生まれる!などやっと病状の回復が見られました。この日に点滴の針を左から右に変えました。なんか3か4日くらいで差し替えるってルールらしいです。

入院7日目

 毎朝量っていた体重にやっと動きが!といってもマイナス1キロ。腹囲も少しばかり減りました。(いや、まだメタボです。。。)血液検査で初めて痛くなくて、これはいい感じ☆って思いました。レントゲンも撮りに行きましたが、前回と違って一人で行けました♪外来の前に行けたので早く終わって良かったです。お昼過ぎたらいきなり血栓がないかの超音波検査も入ってたので、それも一人で行ったけど、場所が分からなくてそれだけは案内してもらった感じでした。一通りの検査が終わり診察に呼ばれました。内診したら卵巣は7か8センチくらいまで収まったけど、まだ張ってます。腹水も溜まってますが少し減ったかな?血栓の心配はないので、退院の運びでいいでしょうってことでした。ただ、いきなり職場には行かない方がいいですよっていうある種のドクターストップ。卵巣が腫れているから卵巣捻転の心配があるそうです。トイレもすごい回数行けるようになり、ラストスパートをかけて水分も摂る。主人が夜来てくれて、「明日は来れないから荷物を全部を持って帰る。」と言ってくれたので、ここぞとばかりに荷物を預けました。寝る前に点滴を外してもらい、あぁ退院できるって思い寝ました。(何度もトイレで起きちゃったけど。)

入院8日目、そして退院

 朝、体重を量ると、マイナス4キロ!!おぉ!!やっと戻ってきた感じです。先生に「昨日4Lくらいトイレ出てましたよ。」って教えてもらい、納得。腹囲もだいぶ減って、これもあと少しだなって。ただ、腹水の影響か呼吸はまだ浅め。変な咳も出るので養生必要だなって思いながら職場に退院の連絡を入れて、代金を支払い病院を出ました。私は健康保険がきいて14万くらいでした。他に少し水分代と入院着のレンタル代がかかりましたが、思ったよりも安く済んだので一安心でした。不妊治療から病気になったのに、健康保険で治してもらえるのって不思議な感覚でした。

 一週間毎日言われたことは、むくまないように(血栓予防)弾性ストッキングをはくことと、足首を動かすことを徹底してやって欲しいって言われました。どうしても寝るときにははけなかったので脱いでましたが。



 こうして、私の入院生活は終わりました。先生がおしゃっていたジェットコースターのような治り方ではなかったけど、とにかく命に係わる状態から抜け出せて安心しました。

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます