2019/08/17 体外受精

忘れられない言葉

妊活を本格的に始めてからというもの、ネットを見ることが増えました。「妊活」とか「妊娠したい」とか日頃から検索していると、妊活ブログを目にすることも良くあります。そうゆう私もブログ書いてるんですけど(笑)具体的な経験や情報、時には愚痴を吐き出したり…その中身のなんと濃いこと。特に、親や親戚からのプレッシャー、友達の何気ない言葉に傷ついたり皆さん治療だけではなく精神的にご苦労されているんだな、とヒシヒシと感じます。かく言う私も、いくつか見えない棘のように心にチクチクずーっと忘れられない言葉があります。とはいっても、私の両親、義理の両親共にそういったことは口に出しませんし(ホントは孫が欲しいけど気を使っているんだと…)友達も独身、子なしが多いので「はよ孫の顔みせろや」「子供はまだ?」といった直接的なものではないのですが。


仕事を辞める前、会社の先輩の言葉です。その方は少し歳上で36歳くらいで結婚して数ヶ月後には妊娠。流産することもなく無事にご出産されました。ちなみにその頃私は30歳くらい。独身でした。


「結婚したらすーぐできたよ(^^)お空で順番待ちしてるのよー」


独身の私は特に嫌な気分にもならず、かといって良い気分にもならず、「へえ。そんなもんかね。まあなんか幸せそうでいいんじゃね」くらいにしか思いませんでした。その時は。しばらく忘れていました。それなのに流産後、本気で子供を望んでから、ドーンとその言葉が思い出され心の中に居座っているのです。


同じくらいの歳なのにこんなに苦労しないで子供を授かるなんて。お空で順番待ち…私のところにはなぜ来ないの(´•ω•̥`)


今なら冷静に書けますが流産後は泣けて泣けて…ご本人は良いこととしてお話されたのだと思いますが今の私にはなんて不用意な一言だろうと感じます。他にも、「2人目作らなきゃ。面倒だなー」と言っててすぐ妊娠した同僚もいましたっけ。なんだよ、面倒って。no治療でそんな(;´Д`)周りを見るとそんな感じの人こそすぐできる。心が折れすぎてもう折れる場所がございません。わかっています。人と比べてもしょうがない。でもね、神様はちょっと意地悪じゃありませんか。すっかり僻みっぽくなった自分にも辟易気味な今日この頃です。


私はまだ楽な方でしょうね。ブログを読むと本当に皆さんの頑張りには感服させられます。子供を授かりたいみんなが授かれるといいのに。忘れられない言葉って忘れようとするほど存在を主張してきます。なのでそれはそれでほっといて、今できることをがんばろう、となんとか前を向く日々です。

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。