2020/03/4 体外受精

布ナプキン・布ライナー復活

また更新が空いてしまいました(汗)


最近の妊活と言えば…

1年ぶりに布ライナー復活しました!



去年まで使っていましたが、生理の時に洗うのが面倒になってやめちゃったんです…。

しかし最近になって「おりものシート毎回買うのもめんどいなー」とも思うようになり、生理じゃない時は布ライナーを使うことにしました。



元々持っていた布ライナーは、


レメディガーデンというお店で買った

「冷え取りライナー(シルクニット)」3465円です。


ショーツにしっかり固定できるので使いやすいなー、と、再び使い始めてから改めて感じました。


ちょっとお高いんですけどね、素材がいいし。



今回、新たに無印良品の布ライナーを購入。


「オーガニックコットン無染色布ライナー・2枚組 婦人M・ブラウン」1490円です。


あとでAmazonで調べたら、他社の方が安くて可愛いのがありました。


無印は無染色布なので、素材にこだわる人はいいかも。


無印良品の布ライナーをさっそく使ってみたところ…

「あれ?なんか硬い?」

という感じがしましたが、


表と裏を間違っていました(笑)


ちゃんと装着すると、やわらか~くていい感触。


ただ、持っていたショーツが薄い生地でよれやすいので、

トイレのたびにライナーが動いてしまうのが難点。


普通の綿のショーツなら、しっかり固定されそうですけどね。




布ライナー・布ナプキンは、繰り返し使うことによる衛生上の問題は気になるので、洗うのと乾かすのはしっかりやっておきたいもの。


布ナプキン同様、布ライナーも手洗いがいいらしく、お風呂の時に洗っています。




「手洗いが面倒…」な気持ちを払拭するため、おりもの・経血用の洗剤を買いました(以前は石鹸で洗ったり、簡単に汚れだけ落として洗濯機に放り込んでいました)。


洗剤のパッケージが可愛いし、ほんのり香りがするので続けられそうです。

なんでも楽しんで続けないとね。


手洗いに慣れたら布ナプキンも使おうと思います。




紙ナプキンは石油由来だから体に良くないとか、高分子ポリマーで冷えるとか言われています。


経皮毒(成分が体内に入り込んで内臓に悪さする)なんかも言われていますね。


ヒトには体を守る皮膚があるし、ちょっと経皮毒は信じがたいんですが…。




ただ、「ぽかぽか子宮のつくり方(著者:やまがたてるえ)」という本によると、自然な素材の布ナプキン・布ライナーを使うことで

会陰、膣を大切にする=子宮を大切にする

ということにつながるそうです。


紙のライナーは「ショーツを汚さない」目的で使っていましたが、

「子宮のため」「体のため」と目的を変えると布ライナーを使うのが楽しくなります♪

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。