2018/10/29 体外受精

OHSSで卵巣8㎝

正面と横から見たお腹の写真の画像

お見苦しい写真ですみません(笑)

写真は卵巣が最大に8㎝腫れた時のです。普通に太ってるような感じですが(^^;

タイトスカートやスキニーが履けず、ゆるい服ばかり着てました。

今回は採卵の後のことを書きますね。


10月9日(採卵直後)

採卵する前からお腹が張って、便秘気味で少し苦しかったですが、採卵したその日は特に変わりなく過ごせました。

出血もなく、横になりながら家で仕事もしました。


10月10日(採卵の翌日)

採卵の次の日からすっごい頻尿で、30分毎くらいにトイレに行きました。

ひどいときは10分毎くらい(笑)

クリニックでは「腹水がたまらないように水分とって、おしっこ出してくださいね」

と言われたけど、意識しなくても尿意が近い!尿量もトイレの度にしっかりと出ていました。

ただ、尿は出るのに便は全く出る気配なし。胃もなんだか痛い。だけど食欲はあったのでご飯はしっかり食べていました。


腹水がたまっていたのと、食べるのに便秘なのとでお腹がパンパンに。

体重も、採卵前と比べて2キロ増えてました。

普通に太っただけかな?とも思えたので軽くショックでした。


10月11日(採卵後2日)

クリニックに検査に行きました。

採卵した日に「OHSSで入院するかもしれないので、着替えなど入院の準備だけ持ってきてくださいね」と言われていたので、1~2泊分の荷物で行きました。

みためは少し太った程度なのだけど、だいぶお腹が張って苦しかったので、歩くだけでも苦しかったです。電車の揺れなんか気持ち悪いくらい。


でもクリニックの超音波では意外と、

先生「腹水は少し溜まっている程度ですね。血液検査の結果も正常ですし、今のところ問題ないですね」

という答えが。


入院の必要もなかったので、その日は仕事に出かけました。

お腹は苦しいままだったので声が出にくくて、上司に心配されましたが(^^;

仕事行ったら気分転換になったのか少し元気になりました。


10月12日(採卵後3日)

まだまだ頻尿状態。夜に2、3回トイレ行って毎日寝不足。

この日の夜、トイレに行くときにひどい立ちくらみで、転んでしまいました。

OHSSでは立ちくらみが起こりやすいみたいですね。

私の場合、血液検査では貧血じゃなかったので、起立性低血圧でした。

腫れた卵巣から水分が出まくって、上半身の血液の流れが不足してふらつくみたいです

(↑看護師さんはもっと分かりやすく説明してくださいましたが)。


転んでからは一呼吸おいてから立つようにしました。


10月14日(採卵後5日)

11日の検査の日に先生が下剤の処方を勧めてくださったのに、ケチって自宅の下剤を使うことにしました。

本当にあほな選択をしました。

持っていた下剤は刺激が強いくせに全然効かなくて、3日続けて飲んでやっと出ました。

汚い話で申し訳ないんですが、お腹を痛めて1週間以上分ドバドバと。

脂汗が出るくらい痛くて気絶するかと思いました。

カマグ(酸化マグネシウム)の方がやさしいし、そっちにすればよかったと後悔しまくり。


でも出た後はスッキリして、お腹の張りもマシになりました。


10月16日(採卵後7日)

OHSSの経過を見るためクリニックへ。

便秘もスッキリしたし、もう大丈夫でしょと思っていましたが…


卵巣が左右とも8㎝にまで腫れていました。普通2~3㎝みたいです。

看護師さん「野球ボールくらいですね。激しい運動は控えて卵巣茎捻転に気を付けてくださいね」


卵巣がそんなに腫れているなんてー!

そういえばうつぶせの時痛かったかも・・・



血液検査も、

WBC9300

Dダイマー4.00

と悪化していました。


血液が固まりやすい状態になっているようで、

「深部静脈血栓症にならないように、水分をとること。座ったり、寝ている状態で足首を動かす運動を動かしてください」

と先生。



腹水は子宮の裏側に少し溜まっている程度でしたが、

卵巣も血液検査も思ったより悪くなっていてショック。


あまり無理せんとこ~と思って、4日ほど仕事は休みました。


続く。

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。