2018/10/22 体外受精

卵子を採りました

布団で寝ている女性のイラスト画像

こんにちは。ずっと準備をすすめてきた体外受精をしてきました。

今は下っ腹が痛くて痛くて横になったり座ったりしているのが一番楽です。当たり前ですね、卵巣に針を刺しているんですから。簡単ではありますが、私の体外受精の一日を書かせてもらいます。

朝9時病院へ

私は卵さんが多かったので、最後の方の時間だったそうです。着いたらトイレに行って、術着に着替えました。少し待ったら呼ばれて手術台へ。足を固定されて、右には血圧計、左には点滴を刺されました。看護師さんやアシスタントさん、培養士さん、先生など私一人のためにこんなにいるのか!ってびっくりしました。培養士さんに名前を確認され、「しっかり培養させてもらいます。」って言われたと思います。

いよいよ採卵

静脈麻酔って初経験だったと思うのですが、麻酔が効くと少しのどに違和感がありました。そしたら洗浄からの採卵で、採卵が少し痛くて思わず「痛い!」って言ったら麻酔を強めてくれたようです。なんか先生が言ってた気がするけど、ややぼーっとしていたので覚えてないです。でも終わって、看護師さんにストレッチャーに移動してもらい、安静室のベッドに運ばれました。私はおおまかだけどここまで意識はあって、、、主人と会ったところで爆睡しました。

寝ても眠い

麻酔なのか抗生物質なのか点滴されていました。目覚めたら12時くらい。軽く水分を取ってお腹が痛いからごろごろ。。。クリニックのベッドの毛布がふわふわですごく寝心地良かったです(笑)13時くらい先生と話をして14個採れたよって言われましたが、もう眠くて。またうとうとしていました。

血液検査と診察

15時少し前に着替えをするよう看護師さんに言われ、着替えたらなぜか主人が待合室にいて。。。ありがたかったけどよくよく聞いたら、「受付の人たちの無言の圧力を感じたので、迎えにきました。」ってことでした(笑)診察の前に貧血になってないかの血液検査をして、診察で卵巣の状態を見てもらい、主人の精子の状態を聞いて終了でした。卵巣はやはり少し腹水が溜まっているようで腫れる心配ありでした。

精算と帰り道

金額が金額なので、別室で会計しました。約26万円支払いました。あぁ、一か月の給料がぶっとんでいく。病院を出て、駅までの道のりは歩くと下っ腹に響き、ちょこちょこしか進めない。。。しんどかったのでタクシーに乗りました。簡単におにぎりを食べてはいたものの、お腹は空いているし元気なんだけど、とにかく歩くのがしんどい。立つのも辛いっていう状況でした。


家に帰って軽く食事して、横になってテレビを見ていたけれど。。。18時前後に眠って22時前後に起き、軽くまたご飯を食べて、深夜12時過ぎにまたすぐ寝ました。薬のせいもあるけれど、やはり人間体力の回復には眠りが一番ですね。

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。