2019/09/18 人工授精

やっぱり大きかった母の存在

義両親が帰ってから数日後に

今度は私の母と私も仲良くしてもらってたご近所さんが

身の回りの手伝いに来てくれた^ ^

実は入院が決まった日に飛んでくると言ってくれた母

でも、私は入院してるし家に泊まるにしても旦那と

2人じゃお互いに気を使って可哀想だし、家から

病院も遠いから電車とかでくるにも大変だし母は

県外に出た経験もないから電車もバスも苦手ww

それに私の場合命に関わる危機な訳でもなく

計画的に入院して手術するし手術自体も腹腔鏡手術

と決まっていたから慌てて来てくれる程じゃない^ ^

て事でその時は大丈夫だからって言ってたんだけど

その後でも顔見たいし、溜まった洗濯物とか

家の掃除とか片付けとかをしてあげたいって言ってくれて

でも1人で新幹線も乗れないから、前々から名古屋に

行く時は付いて行くって言ってくれてたご近所さんと

一緒に来てくれたみたい^ ^


退院初日から焼肉に行けるほど元気だった私は

もちろん体は元気だし食欲もある🍽

でも念のため退院後1週間は仕事も休みにして

もらってたしちょうど旦那さんが出張でいなかったから

そのタイミングで来てくれるのは凄く助かった!

その日が楽しみで楽しみでそわそわして待ってて

当日はこっそり改札前に迎えに行った!

駅にいる予定じゃなかった私を見つけるなり2人とも

心配してたんだよーって言わんばかりの表情で

笑いながら近寄って来てくれたww

田舎から頑張って来てくれたのが凄く伝わる仕草で

改札出る時もキョロキョロ見渡してて凄く愛しかったw

それからは新幹線とパックで予約してたらしいホテルに

チェックインしてそこでしばらく色んな話で盛り上がった^ ^

それから私が予約していた手づかみシーフードの

お店へ出かけた^ ^久しぶりの母親とご近所さんとの

ご飯は、地元にいた時によくランチに出かけていたのを

思い出してここが名古屋だなんて思えなくて

凄く楽しくて素敵な時間だった!!

それから一旦ホテルには戻ったけどすごーく狭い部屋で

お風呂も狭くって…しかも私だけ帰るのも寂しかったし

家には旦那さんもいないからうちに泊まればーってことで

2人を家に連れて帰った^ ^

ホテルはパックで付いてて格安で、どうせ寝るだけだし

と思ってたけど、予想以上に狭くてちょっと不気味だって

思ってたらしかったからちょうどよかった^ ^

旦那さんにも、お母さんたちうちに泊めるかもとは

言ってあったし、家は片付いてないけど問題なし❗️ww


私の体調とかを心配してる2人をよそに私は明日何するか

何を食べるかワクワクが止まらなくて2人は安心したような

ほんとに大丈夫か心配なような変な感じだったww

でも私はほんとに元気で、ホテルに閉じこもってることが

寂しかったし暇だった反動もあり、母親がいる子もあり

テンション高めだった^ ^

それから、動物園も行ったし、食べ歩きにも行ったし

私が働いてるモールにも行ったしでほぼ観光だったww

これじゃあただ観光しに来ただけみたいだし何か私が

助かることをしてあげたいって言ってくれてたから

旦那さんが洗濯だけしてくれて溜まってた洗濯物を

たたんでくれた。やっぱり母はたたむのもめっちゃ早くて

普通私と旦那の洗濯物とか他人に触られたくも無いけど

母親なら全然気にならなくてただただ有難たかった。

それに、使ったお皿の洗い物は勝手にしてくれてるし

パンとヨーグルトだけ夜に買って帰ってたので

それを勝手に、ご近所さんとおきて食べててくれるから

私はゆっくり寝れて何もしなくてよかったし

自分の母親だからこそ気を使わなくて済むし凄く癒された。


ご近所さんがお風呂に入ってるうちに子宮外妊娠の詳細や

これからの治療の事を母と2人で話したりしていた。

体外受精しか可能性がほぼなくなってしまった事。

これからかかるお金の事などいろんな話をしたけど

今でも不妊治療では金銭的に母に支えてもらってたけど

母は優しすぎて、私がお金を手伝ったばっかりに無理させて

子宮外妊娠をするきっかけを作ってしまったんじゃ無いか

って心配してくれていた。

そんな訳ないのに。母は応援してくれていてそのお陰で

私が早くやりたい事、自分が今やれない事が出来てるのに。

こんなに私の事を考えてくれてるのかと思うと母の偉大さを

また改めて感じたし、感謝の気持ちが溢れた。

今後も、私がやりたいのなら助けてくれると言ってくれた

私は絶対母を喜ばせたいと思ったし、もしもまた

子宮外妊娠してしまったとしてもそれを乗り越えてでも

赤ちゃんを迎えたいと思ったからまた、甘えることにした。


最終日は近くの温泉に3人でゆっくり浸かって早めに帰宅して

明日に備えた。お昼の新幹線だったからお昼前に駅について

お昼ご飯を一緒に食べて見送った^ ^

入場券を買ってホームまで登って新幹線が車で3人で過ごした。

実はちょっと言い合う場面もあったんだけど凄く楽しかった。

母が帰るとやっぱり寂しかった。

父親にも母が無事に新幹線に乗った連絡とお礼のラインを入れた^ ^

またこっちで旦那さんに支えてもらって治療を頑張っていく!

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます

アンケートにご協力ください!

約1分で完了!neenブログをより良くするための、簡単なアンケートにご協力をお願いします。

アンケート投稿はコチラ
タレント 保田圭さん、イタリア料理研究家 小崎陽一 さん

妊活総合支援サービス neen 公式アンバサダー

  • イタリア料理研究家
    小崎陽一 さん
  • タレント
    保田圭 さん

私たちは、妊活総合支援サービス「neen」と、
妊活・不妊治療に取り組む人を応援しています。