2018/07/17 妊活

抗体検査のお話

抗体検査に行ってきたときの話です。


私が受けた抗体検査は二つ。

まずは風疹。

風疹は、ご存じの通り妊娠20週頃までに妊婦が風疹ウイルスに感染すると胎児にも感染してしまい、生まれてきた赤ちゃんが先天性風疹症候群という病気になる可能性があるというもの。

妊娠初期に感染するほど障害が起こる可能性が高まるとされているらしい。

だから妊娠を望む女性はもちろん、パートナーである旦那さんも風疹の抗体がないと大変。

感染力が強いから、会社とか電車とかでも飛沫感染により感染してしまう可能性があるんだって。


私は1月から妊活をスタートしたので、去年の10月に抗体検査に行きました。

主人も同じく10月。

なぜかというと、抗体がなかった場合予防接種が必要になり、2か月間妊活を控える必要があるから。

だから計算して余裕をもって10月に。


その後妊活を開始し、3か月たってもうまくいかず落ち込んでいた頃。

ニュースが飛び込んできました。

「沖縄・名古屋で麻疹患者が発生」


麻疹とは、いわゆる「はしか」。きわめて感染力が高く、なんと空気感染するんです。

空気感染です。インフルエンザだって風疹だって飛沫感染なのに、麻疹は空気感染。

免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症するんです。

(知り合いの看護師さんが、「麻疹にだけは絶対かかりたくない」と言っていました)


困りました。麻疹の抗体があるか分かりません。

昔予防接種は受けたと母が言っていましたが、肝心の抗体の有無が分からない。

検査すればわかるけれど、悩みました。

だって検査してもし抗体がなかったら予防接種しないとじゃないですか。

そしたら2ヶ月妊活できないんです。

もしかしたらその2ヶ月の間に妊娠できるかもしれないのに。


悩んでいたら、今度は都内でも海外渡航後に発症したという報告があるというニュースが。

これはまずい。やっぱり検査しよう。

もし抗体が無かったら2か月間避妊をするしかない。それくらいこの検査は重要だ。


ということで麻疹の抗体検査を受けました。


その結果、無事抗体がありました。


麻疹IgG(EIA)法でEIA価が10.7。

お医者さん曰く、

「基準が2.0未満だから十分に抗体がある。

あと5年~10年は大丈夫」

とのこと。


5年~10年って、5年も間がありますけど・・・って思ったけど突っ込めず笑


ということで、順調に1~2年で子供ができたとしたら、

第二子妊娠希望前に麻疹の予防接種を受けようと思います。


知り合いの看護師さん曰く、

予防接種は25歳前後で妊娠することを前提に行われているんですって。

だから、30歳以上では抗体がないケースが多いそうです。

やっぱりちゃんと検査しないとですね。


でもね、今麻疹について調べていたらふと気になるものが・・・。

ある臨床検査とか検体検査とか行っている法人(?)のホームページに

私が受けた麻疹のEIA法について、


2.0未満が十分な免疫なし(-)

2.0~15.9が十分な免疫なし(±)~(+)

16.0以上が十分な免疫あり


って書いてありました。

私、10.7で十分な抗体があるって言われたんですけど・・・


・・・藪医者だったかもしれない笑


皆さん、風疹だけでなく麻疹もちゃんと抗体検査しましょう!

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます