2018/08/12 妊活

鍼治療

掛け軸の写真の画像

昨日の西洋医学と東洋医学の続きを書いてみたいと思います。

西洋医学は普通の病院なので、婦人科のクリニックで超音波検査をしたり血液検査をしたり、その結果「このホルモンの値が低いから」ということでホルモン剤を処方されたりする一連の治療のことを言い、これはこれで必要だとは思うのですが、やっぱりホルモンが足りないには足りないなりの理由があるので、そこを突き止めて体質を改善して、できるだけ薬を使わないで妊娠したいなと考えています。


これで籍が入っていて相手も積極的に子供がほしい人なら、迷わずステップアップして、とっくに体外受精などにも挑戦できているのでしょうが…

うちの場合、前述のとおりそういうわけにもいかないので、まずは自分の体質改善からと思って取り組んでいます。


今日はその一つ、鍼治療について書いてみたいと思います。


鍼ってどんなイメージですか?

私は昔は怖かったです。

体に針を刺すなんて信じられなかったです。

彼氏はいまだにそう言ってます。


初めて行った鍼灸院は、友達の大学時代の同級生がやっているところで、その友達が夫婦で通ってご懐妊したとのことで行きはじめたのですが…

今となっては笑い話なんですが、その当時、やたらと洋服をめくる感じで脚の付け根とかも鍼を刺されていて、やっぱりちょっと気分が悪くて、「妊活止める」と嘘をついて、行くのをやめてしまったんです。

数年後その先生が患者さんに対するわいせつ容疑で逮捕されていたので、私が感じた違和感は間違っていなかったようです。

これは珍しい例ですがそういう悪質なところもあるので、病院選びは慎重にしたいものです。


もちろんそこでは、通ったけど全然治療の結果なんて出なくて。(信頼関係とか精神的な安定は大事なんですね)

それからもいくつかの鍼灸院に言われた通りの回数ちゃんと通うのですが私には効果が出なくて、もう鍼はやめようと思っていました。

ところが先日こちらのブログを読んでいて、とある鍼灸院の感想が書いてあって興味を持ったので、これが最後だと思い行ってみることにしました。


自由が丘にある「佳還処鍼灸院」です。

http://www.kakanjyo89.com/


口コミや先生の話を見ていると、今まで行っていた鍼灸院とまったく違い、「通わないでください」というようなことが書いてあります。

今までは「最低でも週1回半年くらいは通わないと体質が変わらない」と言われていて、脈や舌を診てもらって「よくなってきている」と言われるものの実感が全くなかったので、この「通わないで」という言葉に本気度を感じました。


続きは明日書きますね!

SNSでneenをチェックしよう

ここではお伝えしていない情報を受け取れます